悠々自適の株式投資

あわてず、さわがず、ゆっくりと(負けない・欲張らない投資)

米国株IPO始まる、ドライブン・ブランズとアファーム

ここ2~3年の間にIPOした企業で持っている株は、①ブルームエナジー、②アダプティブ バイオテクノロジーズ、③ファストリー 、④レモネード、⑤ピンタレスト、⑥ルート、⑦ロイヤルティ ファーマ、⑧スポティファイ テクノロジー 、⑨テラドック ヘルス、⑩ユニティソフトウェア、⑪ズームインフォ テクノロジーズに、最近買った⑫ルミナー テクノロジーズもそうだ。
このうち昨年のIPOした銘柄は、レモネード、ロイヤリティファーマ、ユニティ、ズームインフォに、ルミナーテクノロジーもSPACで実際は昨年の秋頃なので、計5銘柄もある。

日本のIPOは、最近見たこともないのに、米国株を整理してみたら、どっぷりと新興銘柄に浸っていて自分でも驚いた。
IPO銘柄は、情報量が少ないので買いにくいのだが、こうして中小型株を中心に投資をしている者としては米国のIPOは外せない。

そんなことで、新年度米国のIPOが始まった。
今回のIPOは1月13日のアファーム ホールディングス、14日のヘルスアンドウェルネスカンパニー、15日のドライブンブランズとプレイティカホールディングだ。

このうちアファーム ホールディングスとドライブンブランズについては、広瀬隆弘氏が「世界投資へのパスポート」で詳しく述べているので割愛するが、広瀬氏は本日IPOのドライブンブランズを推奨している。
13日にアファーム ホールディングスは、公募の38㌦の3倍近い90㌦の初値を付け、約230億㌦の時価総額となった。
注目を受けたシースリーエーアイ やスノーフレークも、公募の3倍ちかい初値をつけたが、ユニティのような伸びはなかった。
アファーム ホールディングスは迷ったが、公募の3倍は厳しい。
買わずに見送った。
広瀬氏お勧めのドライブンブランズも今晩の初値次第だが、安めによれば買おうと考えている。

この2~3年間のIPOには、見るべきものがあった。
ただ、昨年暮れごろから人気IPO株は、初値が高い傾向に戻ってきていて、買いにくくなった。
是々非々で、無理せずに、良さそうなものだけ拾っていこうと思っている。

麻薬・バイオ株

米国政府がバイデン政権に替わったことでの安心感からか、NYダウは31,000㌦と最高額を超えた。
ただし、コロナや米国内の問題もあり、このまますんなりと40,000㌦を目指す展開になりそうもない。
かといって、共和党より民主党のほうが大きな政府を目指すので、まだまだ上値を追う展開になる可能性の方が強いのかもしれない。
米国のゴタゴタを見ていると、何とも方向が見えにくい。

個人の米資産は、最高水準に戻った。
うれしいことなのだが、そうしたことに浮かれ、足元をすくわれ苦い思いを何度かしている。
古めかしいが「勝って兜の緒を締めよ」だ。

バイデン政権に替わる前に、一部ハイテク株の利益の確定を進め、医薬・バイオ銘柄を追加した。
その結果、米株は21銘柄と減少した。

以前からの銘柄は、①アルテリックス、②ブルーム・エナジー、③クラウドストライク、④ファストリー、⑤IBM、⑥インテュイティブ・サージカル、⑦レモネード、⑧ピンタレスト、⑨プラグ・パワー、⑩ルート、⑪ロイヤルティ・ファーマ、⑫スポティファイ・テクノロジー、⑬スクエア、⑭テラドック、⑮ユニティ・ソフトウェア、⑯ズームインフォ・テクノロジーズで、売却したのは、スノーフレク、トレードディスクなど。
⑪と⑭には追加投資した。

新規では、民主党政権ということもあり、オーロラ・カナビス、アフリアの麻薬銘柄も買って見た。10㌦以下で買えるお手頃価格だ。
あとは、アデプタス・ヘルス とフルジェント・ジェネティ。
アデプタス・ヘルスは、バイオ医薬品企業のサポートに加えて臨床診断薬、独自の細胞療法などで構築され、マイクロソフトからの出資を受けている。
フルジェント・ジェネティは遺伝子検査のパイオニア
あとは、ルミナー テクノロジーズ。
イスラエルのモービルアイと提携して、自動運転の目にあたるセンサー技術を開発する企業。
若い天才CEOともてはやされ、株価は乱高下している。
堅い株ばかりでは面白くないので少しばかり参加してみた。

それと、持株でむづかしいのはプラグ・パワー。
短期間に10㌦台から66㌦に。
いくらテーマの水素関連と言えども、上がり過ぎ。
贅沢だが、保持か、利益確定か迷うところだ。
投入資金を回収し、あとは様子見でいこうかと考えている。

残ったお金は日本に送金、そーせい、メルカリ資金に充てた。

そーせいとラクオリア

1月5日、アッビィからⅯ1、M4のムスカリン作動薬プログラムの研究開発権・販売権がそーせいに返還された。
ムスカリンプログラムは、アラガン社に一時金125百万㌦、総額マイルストン3,165百万㌦、研究開発支援金50百万㌦(その後、55百万㌦に増額)で導出したもので、2018年9月に起きたサルでの毒性問題で開発を中断していた。
先般、M1受容体作動薬のPhase1試験結果の論文の要約を発表したが、そーせいはバックアップ化合物を含め自信を示していて、今後他社に導出を目指すとアナウンスがあった。

統合失調症認知症で、効果のある薬物の創出はむづかしいと言われていて、そーせい株価下落の原因はまさにサルの毒性問題だった。
このアナウンスでヘプタレスStaR®技術への信頼性が疑われ、分割前20,000円あった株価は見る影もなくなった。
この後、ピーター社長の退任、田村社長の復帰、中期目標の変更などがあり、一昨年あたりからジェネンテックや武田、アッビィなどに導出をすすめ、技術の信頼回復に努めた。
ここ数年、そーせいと世界大手製薬会社との間では、高額な契約が成立していて、ヘプタレスStaR®技術の高さを証明している。
田村社長は、信頼された技術力を背景に本気で時価総額数兆を狙っている。

いまの株価は再構築後の株価なので、ムスカリンプログラムの返還は資産の増加とみられているのか株価は上昇している。
1,960円の株価は、4分割前の8,000円に相当し、ファイザーが株主になった頃の株価にようやく戻れた。
ここまでは長かったが、これでスタートラインに立てた感じだ。

個人では、日米でいちばん投資額の大きいのがそーせいだ。
ほんとうは、そーせいに全財産を注ぎ込んでみたい衝動に駆られるが、ちょっと怖くてさすがにそれはできない。
欲には切りがないし、株数はそれなりにあるので良しとしておく。
まだまだ先が長く、山も谷もありそうだが、辛抱強く待ちたいと思う。

ラクオリアも、谷社長が1,000億の時価総額を目指すと言って久しい。
一度3,000円近くまで上昇したが、実力不足で萎んだ。
いまも株価は低迷したままだが、ラクオリアには、逆流性食道炎の治療薬テゴプラザンという大きな武器を手にしている。
韓国での販売は好調だ。
未確認情報だがサブリース先の中国で、承認申請したらしい。
Phase3終了へと工程が進み、あとは来年の承認を待つのみとなった。
中国は市場規模も大きく、期待が持てる。
それに、今年は日米欧の導出の期待が膨らむ。

ラクオリアの魅力は時価総額が220億円と小さいことだ。
テゴプラザンの売上ひとつで1,000億の時価総額は夢ではない。
ただし、増資の心配もついて廻る。
増資での株価下落も、覚悟する必要もある。
導出の早いことを願うのみだ。

アメリカ株7%台の上昇

米国は、結構変動が激しく持株では5%くらい当たり前のように落ちるが、なかなか5%以上の上昇をみることはなかった。
けさポートフォリオをみてびっくり、平均で7.28%も上昇していた。
暮れから調整が始まり、持株は良かった時の10%程度、下がっていた。
株は調整が入って当然で、最高値から3割程度下げてから上がるパターンが多いので、いまはそうした時期と考えていた。
調整がないと大きく上昇しないし、時間はかかるものという認識を持っている。

昨日は、バイデン氏が正式な大統領に選出され、トリプルブルーが揃い政局不安が後退したことで、NYダウ、ナスダック総合指数ともに最高値をつけた。
やはり、中心になるのは、再生エネルギーや健康関連だ。

昨日も書いたが、プラグ・パワーは+35.11%、テラドック+12.06%、ブルーム・エナジー+10.32%と健闘、意外だったのが保険のレモネードが+27.52%、ルートは+9.98%UPした。
ルートは9.98%と小さく感じるが、4日間陽線で4㌦近く上昇している。
レモネードも7月2日にIPOして11月頃まで60㌦付近だったが、ここ最近急激に伸びて150㌦を超えた。
時価総額はまだ87億㌦と小さく魅力的だ。
春から生命保険も手掛けるようになるので、市場が拡大することも評価されているかもしれない。
目立たないが期待が持て、楽しみな銘柄になった。

他にも、下がり続けたアルテリックスは+6.56%となったし、コア銘柄のクラウドストライクやファストリー、スクエアなども堅調だった。
1年でこんなことは滅多にない、めずらしい日となった。

米上院民主党2議席奪回か

報道では、民主党が1議席確実、もう1議席も僅差で民主リードとある。
この2議席で、バイデン政権が、法案や閣僚の任免、独自の政策をとれるか境目だった。
ネットでは、共和党は認めていないが、民主党候補のジョン・オソフが勝利宣言したようだ。
共和党は1議席で多数派が形成できたのに、勝利の女神はバイデン氏に微笑んだ。
これで2年後の次期選挙まで、民主党独自で政権運営ができることとなった。

バイデン民主党政権では、株式投資に逆風が吹くのだろうか?
政権交代で、今更ながらだが何がどう変わるかを検証しなくてはならない。
一般的に温暖化を防ぐパリ協定に復帰することや、中国やイランとの関係のことが言われているのが、こと投資に関連のあることは、法人所得税や資産取引課税の税率見直し、所得格差をテーマにしている。
具体的には①法人税率を21%→28%に引上げ、➁年収40万ドル超の個人に対する各種税率引上げ(最高所得税率 37%→39.6%等)、③所得100万ドル超の家計に対するキャピタルゲイン税引上げ、国債の増発などか。

良いか悪いか別にして、トランプ氏のように、何が何でも株価優先の政策とは異なり、バイデン政権は、インフラ整備、クリーンエネルギーや社会保障、ヘルスケア、など国全体を見た理想的な国家を目指しているように感じる。

金融、エネルギー、ハイテクなど大企業に対する規制を強めと言われているから、ハイテク株からバリュー株に資金が移動し、中小企業支援により、中小型株も上昇すると以前から言われていた。
また、どちらが政権をとったとしても株価は緩やかに上昇という予想だった。

昨年暮れから、その傾向が強まり上昇してきたハイテク株の調整が続いている。
政策が変更されたからと言ってバリュー株に変えていけるかというと、そう簡単にはいかないが、少なくとも環境問題や健康問題で同意ができる。
知らなかったプラグ・パワーやブルーム・エナジー、テラドックなども購入することができた。

トランプ氏のときもそうだったが、政権交代のたびにいろいろ変わる。
もちろん政策の変更によって脚光を浴びる銘柄が変わる。
ただ、だからといって本質的なことは変わらないと思うから、惑わされないよう心掛けていこうと思っている。

日本株・最後のピースはメルカリ

おみくじの「買え、いまがよい」という啓示に気を良くして日米株共に最後のピースを正月に捜していた。
日本の買付候補は、BASE、オイシックス・ラ・大地、チームスピリット、チェンジ、メディアドゥ、マクアケ などだ。
IPOから時間が経過し、決算を重ね、実績を残している企業ばかりだ。
まだまだの伸び盛りで、これからの企業なのだが、残金で買える銘柄はあと一つだ。
何にしようか迷った。
セールスフォース社と資本提携しているチームスピリット、サイバーエージェントの子会社マクアケに絞り、早々と2日にチームスピリットの買いを大和に入れた。
チームスピリットも買いたいが、おみくじの啓示からはインパクトに欠けると思い、更にスクリーニングを進めたら、何気にメルカリという文字。
「メルカリ?、そういえばメルカリがあった」と思った。
メルカリ株は、以前勤めていた会社で購入したことを忘れていた。
IPOしたばかりでインパクトのある会社だが、赤字かつ超長期の覚悟が必要なので個人では買わなかったが、一つくらいリスクを取って会社で持ってもいいと思い、3,000円の手前で買った記憶がある。

メルカリは良くても悪くてもアメリカ次第だ。
HPから調べると2020年4Q決算時の月あたりのMAUは(アクティブユーザー数)400万人、遡って3Qは340万人、2Qは290万人、1Qは250万人、前期4Qは200万人、前期3QはGMV(流通取引総額)の伸び率の記載しかないのでユーザー数は不明だ。
メルカリのIPO時には、アメリカの苦戦が伝えられていた。
日本発のグリーなどの失敗で、日本企業の成功例がないからUSAは止めるべきという論調が強かったことを記憶している。
当時の山田CEOは、スケール感と動じない信念の強さ、それに優秀な人材を集めて勝負していく印象を受けた。

メルカリUSAの開始は2014年9月、4年後の2018年4Qに、ようやくMAUを200万人獲得したことになる。
昨年1年間で400万人と約2倍まで増やした。
コロナは人間にとって、辛い体験だが、メルカリには神風が吹いた感じだ。
昨年11月から決済手数料の徴収を開始し、再投資のための収益基盤を強化したとある。
US事業が軌道に乗れば、人口規模を考えても伸びは加速的に増えていくことが予想できるし、米国のMAUの数字を出したことに自信を感じる。
それに長らく達成できなかった目標、月間1億㌦を達成できたことも大きい。

そんなことで、大和の買付の銘柄をメルカリに変えた。
昨日の大発会で早速買ったが、日経朝刊にもメルカリ記事が掲載され、タイミングが良かったと思った。
おみくじどおりに、これぞ新年に相応しい銘柄かは、数年後でないとわからないが、妥協せず納得のいく銘柄を買うことが出来たと思っている。
今年は、日本株も楽しくなりそうだ。

新年早々

昨年は、日本株下落で足を引っ張られたが、米株式の貢献で資産は増えた。
全体だと約1.5倍増と堅調だった。
ここ5年間で3年前は酷い年だったが、あとの4年間はまぁまぁだった。
現在の資産状況は、国内株が15%、米株は48.8%、野村が22.2%、貯金は13.9%だった。
また、資金をSMAに廻したことで、不安定変動株式が64%、比較的安定的資産SMA+貯金は36.2%と大幅に増えた。
比較的安定的資産を増やしたことで、新年は、思い切っていける環境が整った。

昨年、ズームとテスラを売買した。
もうすでに手持ちにないが今後の参考にと、いまも監視を続けている。
ズームは承知のようにコロナ騒動で業績を伸ばした。
株価も1月の100㌦から10月には588㌦まで飛び、そして失速、現在337㌦まで下がった。
反面、テスラは割高と言われても、どこ吹く風、分割後100㌦付近から700㌦まで上がり、まだ上がる気配だ。

ズームとテスラの違いは何だろう?
コロナという一過性トレンドの終焉?、エネルギーや温暖化など社会の仕組みが大きく動く起点が去年だった?
規模や単価の違い、化石燃料からの脱却、最先端IT技術約物、それとも単なる人気?
これだけでテスラの700㌦という株価の説明は出来ないと思う。
ズームの下がる理由は分かっても、テスラの上がり続ける理由はわからない。
歴史的には、テスラの時価総額GMやフォード、トヨタなどの自動車メーカーの100年近くかけた歴史を、数年で塗り替えるだけのインパクトある出来事だったと思っている。

ズームやテスラなどに引っ張られて、昨年はNASDAQ指数が40%上昇と記録的な出来事だったという。
株式相場は、いろんな思惑とか都合とか、大きなエネルギーで動くものなので、弱小投資家に分かる訳などない。
まぁ、いろいろ判らないことを考えても仕方ないが、株式市場は何でも有りなんだと思っていた方が間違いない。

昨年暮れから調整局面を迎えた持ち株もあるが、「絶対に売らないとか絶対に買わない」と決めつけず自然体で臨もうと思っている。
それに毎年良いことばかりは続かない。
昨年の貯金を使い果たすような事態が訪れてもいいように心の準備もしている。
いずれにせよ、AI、健康、創薬、エネルギーなどテーマを決めての分散投資になると思う。
今年は静で臨みたいと考えていた。

ところが、今年のおみくじは1番、昨年に引き続き大吉だった。
2年連続の大吉もめずらしいが、おみくじの1番は生まれて初めてだ。
当然「相場」の欄は、あおるように「買え、いまがよい」だった。

今年も思いがけない出来事が起こるのだろうか?